ニンジャー

ぼわーん

ニンジャー
ぼわーん

んか、ニンジャーっていったら、ぼわーんってなって
もくもくと煙がでて消えていく。
それがニンジャーですよね。

で、一般的に忍者っていったら、
なんか、イメージがあるでしょ。

黒装束でいかにも

ワタシは忍者です

っていうようなもの。

まぁ確かにあれはイメージではあるんだろうけど、
ホンモノの忍者はあんな恰好はしてないんですよね。
だって、忍者っていったら
諜報員ですよ。

ようするにスパイとアサシンを兼ね備えたものですよ。
なので、

ワタシは忍者です

なんて恰好をしているわけがないんですよね。
実際には、普通の町人とか農民とかと
まったくかわらない恰好をしていたそうですよ。
ま、当たり前ですねw

で、戦国時代は仕事が沢山あったけど、
平和な江戸時代になったら、
まぁ農民とか、あとはもともと得意だった薬とかの知識を利用して、
薬屋さんとかになっていったそうです。
そう薬会社ってやつですね。

ちなみになんで、薬につよかったかというと、
やっぱり暗殺に利用するからでしょうかねw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック